Union-Busting Case Begins Against Tokyo West Int. School. 東京ウエストインターナショナルスクール、不当労働行為調査が開始

 Tokyo Labor Relations Commission began hearings on Monday, May 24 against Tokyo West International School. On April 1, 2021, Tozen Union and its local TWIST had filed a petition claiming that the school targeted the union in an attempt to weaken or destroy it, including unfair dismissals of three union teachers. 

   Union members expressed excitement to get the proceedings under way but were bewildered at claims made in the school’s defense brief that they had never before heard.


 2021年5月24日(月)、東京都労働委員会において、東京ウエストインターナショナルスクールを相手にした不当労働行為の第1回調査期日が行われた。2021年4月1日、東ゼン労組と東京ウエストインターナショナルスクール東ゼン(略称「TWIST」)は、同学校による3名の組合員講師に対する不当解雇を含めて、組合員を狙って組合を弱体化しようとしたという主張を理由に不当労働行為の救済を申し立てた。

 組合員らは調査開始に対して喜びを見せたが、学校側から届いた大量の証拠資料の中には、これまで耳にしたことのない主張が含まれていたことに驚いた。

     In the latest session of collective bargaining (CB), only the owner of the school showed up and often responded to most questions with “I need to check” because only the absent managers had the information.

   最後に行われた団体交渉では、学校側の出席者はオーナーのみで、多くの組合からの質問に対して、団交の場にいない経営者のみが知っている情報であることから、「確認します」と回答するばかりであった。

   “Since then, management refuses to negotiate with us,” said one TWIST member. “We have asked for CB many times, but they ignore us. We hope the labor commision will get our members back to work and help us negotiate with management. We want to work together with the school, but it is impossible when management refuses to show up. We want our jobs back and we want better working conditions. Management has not met a single demand, such as breaks for workers. We will never stop fighting for workers’ rights. We urge management to retract the unfair dismissals for union members before having to ask the commision for a ruling.”

 「それ以来、経営側は、経営側は私たちと交渉することを拒否しています」
TWISTの組合員は語った。「何度も団交を申し入れましたが、回答すらありません。労働委員会が組合員の復職および経営側を交渉の場へ促してくれることを願っています。私たちは、経営側と共に問題解決をしていきたいと思っていますが、経営側が出席しないかぎり、それは不可能です。私たちの雇用を取り戻し、労働条件を改善していきたいです。経営側は、従業員の休憩など、まだ一つの要求事項も実現していません。私たちは労働者の権利のために闘うことをやめません。労働委員会が命令を下す前に、組合員に対する不当解雇を撤回することを求めます。」

 The treatment of union members at the school has worsened since declaring members to management. Not only did the school dismiss a majority of the union members, it has introduced a “buddy system” whereby teachers are directed to only speak to or ask for help from specific teachers or managers. This has created an isolating environment for members who remain employed as they are always being watched and are unable to collaborate with other staff members in their work. New teachers are instructed not to speak to union members. 

    学校側の組合員に対する扱いは、組合員であることを通知してから悪化した。その過半数を解雇したのみならず、相談を希望した教員は、特定の教員または管理職の人にしか話せないという「バディー・システム」制度を導入した。その結果、学校に残っている組合員は、絶えず監視されており、孤立状態で同僚と協力しにくい職場環境となっている。新規に採用された教員は、組合員と話すなと指示されている。

 

   The union is appalled by these new policies, which illustrate the level of mistrust between worker and management.

  組合側は、労使間の不信感を表しているともとれる、こうした学校側の対策に対して、憤りを感じざるを得ない。

  When Tozen Union and TWIST leafleted in front of the school, management set up traffic cones in the middle of the public sidewalk, claiming they were to ensure “social distancing” to prevent the spread of the coronavirus. However, managers stood in front of signs held by members and mirrored members’ movements to and fro in order to block the view of the signs, as members moved back and forth. One manager took out his phone and pointed it directly at members and took pictures close to their faces. This type of behavior indicates union busting and a lack of concern for social distance.

 

     学校前でのビラ配りをした際、経営側は、これはコロナのための「ソーシャルディスタンス」であると主張し、公道の真ん中にカラーコーンを設置した。しかし、経営側の人間は、組合員のプラカードが生徒たちに見えないように、プラカードを掲げている組合員の前に立ち、その組合員が横へずれるとその経営者も同じ方向へ移動した。また、経営側の1人は自らのスマートフォンを組合員らの顔に向け、複数回に渡りかなりの至近距離で組合員らの顔写真を撮影した。このような非常な行動が組合潰しを明白に表しており、ビラ配りの当初学校側が組合に求めていた「ソーシャルディスタンス」が紛れもなく欠けた行為であった。

We encourage school staff who have not joined the union yet to contact us (union case officer: Mizuho Matsumoto, tozen.matsumoto@gmail.com) to talk about any issues you have. We will advise you on your rights. We want management and workers to become more familiar with Japan’s Labor Standards Act. Until management starts to follow the law, the chaotic environment at the school will continue. Let’s work together to improve the school. Good management respects workers, follows labor law, listens to concerns with an open mind and tries to resolve situations in a professional manner. Wonderful things happen to a school once they realize that workers are also important.

    現時点でまだ組合に加盟していない教職員の方々、ぜひ私たちにご連絡ください。(担当:松本瑞穂, tozen.matsumoto@gmail.com) 抱えている問題などご相談ください。労働者と経営者共々、労働基準法についてもっと知っていただきたいです。学校側が法律に従わない限り、学校内の無秩序な環境は継続するでしょう。学校をより良くしていくために、一緒に頑張りましょう。良い経営者は、労働者を尊重し、労働法規に従い、しっかりと教職員の問題に耳を傾け、毅然として問題を解決するよう図るはずです。労働者の重要性に気づけば、きっと学校においても素晴らしいことが起きるに違いありません。

shares