中曽根氏、宿敵の「労働組合」との仁義なき戦い

中曽根康弘元首相が2019年11月29日、101歳で亡くなった。1971年生まれの筆者にとって、中曽根氏は良くも悪くも鮮明に記憶に残る総理大臣の一人である。日本の戦後の総理大臣は概して「調整役」的存在に徹し、カリスマ性が求められてこなかったなか、中曽根氏はもしかしたら、初めてカリスマを志向した総理大臣だったかもしれない。“ロン・ヤス関係”と呼ばれた、アメリカのレーガン元大統領との“日米蜜月関係”の構築は、日本の「対米従属化」をいっそう加速させたといえるかもしれない。だが、当時中学生~高校生の子どもだった筆者の目には、初めて日本の首相が、アメリカと“対等に”そして“フレンドリーに”交渉する姿を見た気がした。それは単純に、彼の身長が178センチとこれまでの総理大臣の中では群を抜いて高く、アメリカ大統領と並んだときに引けをとらなかったという視覚的な印象もあるだろう。

Read more

シェーン英会話講師、スト権行使拡大

2019年12月21日、シェーン英会話スクールの今年最後のレッスン日、東ゼン労組シェーン労働組合の組合員たちは、雇用の安定、社会保険への加入、全従業員の賃金3%引き上げ等の要求実現に向け、ストライキを起こした。このストライキは、5年間の労働紛争の歴史の中でも最も大きなストライキとなった。

シェーン英会話スクールにとって土曜日というのは一番忙しい曜日であり、講師の出勤人数も週の中では最大であるため、代わりの講師を手配するのが難しい曜日でもある。

カバー講師も含め計13人もの組合員がスト権を行使した。同ストライキにより、数々のスクールでスケジュールの混乱や授業の休講が発生した。

 同組合および支部は、これまでシェーン英会話スクールと数多くの団体交渉や事務折衝を行ってきたが、要求実現に対する進歩は見られないままであったため今回のストライキを決行した。今回のストライキで新たな組合員も一人加わった。

Shane Teachers Expand Strike

The last day before Winter Solstice (Dec. 21), Shane teachers upped the ante in their fight for job security, pension and health insurance, and a 3% pay hike.

In the wake of membership, growth, teachers at a dozen different schools lay down their chalk Saturday. Reports indicate schedule disruptions and cancelled classes.

Tozen Union and its chapter Shane Workers Union negotiated both on and off the record with the English language school but failed to make progress on demands, which included a union page in the Shane teachers bimonthly newsletter.

Management maintained its hard-line, making nothing more than symbolic gestures at concession.

Union teachers determined they had no choice but to muster their courage and strike both on Dec. 18 and then Dec. 21. The latter marked their largest strike in over five years of dispute.

At least one non-member joined the union just to participate in the strike.

Tozen Members join in a silent protest against ICC for illegally firing union member Sulejman Brkic

ICC Silent Protest in Yokohama


今日、私たちは東ゼン組合員ブルキッチ・スレイマンを解雇し日本の労働者を苦しめているICC外語学院−彼はそこで22年間も働いていたのです−に対するサイレントプロテスト(無言の抗議)を実施しました。彼は、有給休暇と社会保険を要求した後、違法に解雇されました。連帯して来てくれた皆さん、本当にありがとうございました!

Today we held a silent protest against icc language school for violating Japanese labor by firing Tozen member Sulejman Brkic who worked there for 22 years. He was illegally fired after he requested paid holidays and social insurance and pension. Thank you very much everyone for coming in solidarity!

Tozen Vlog for April 8, 2014

Tozen Vlog for April 2, 2014 – Redacted Due to Victory!

GABA Workers Union

GABA Dispute Update

The Tozen GABA Local leafleted the GABA Tokyo Learning Studio this morning in protest of their unfair discipline towards local president Tyler Christensen. The GABA Local also leafleted the Yokohama LS  on Saturday night. On each occassion the union leafleted to both clients and instructors there – to let them know about Gaba’s persecution of Tyler. The responses were really positive; people continue to be outraged by Gaba’s seemingly senseless refusal to negotiate. Afterwards, the Local held its monthly meeting at a nearby restaurant, which prospective members could also attend. Tozen’s Gaba local continues to grow.

GABA Workers Union