Union-Busting Case Begins Against Tokyo West Int. School. 東京ウエストインターナショナルスクール、不当労働行為調査が開始

 Tokyo Labor Relations Commission began hearings on Monday, May 24 against Tokyo West International School. On April 1, 2021, Tozen Union and its local TWIST had filed a petition claiming that the school targeted the union in an attempt to weaken or destroy it, including unfair dismissals of three union teachers. 

   Union members expressed excitement to get the proceedings under way but were bewildered at claims made in the school’s defense brief that they had never before heard.


 2021年5月24日(月)、東京都労働委員会において、東京ウエストインターナショナルスクールを相手にした不当労働行為の第1回調査期日が行われた。2021年4月1日、東ゼン労組と東京ウエストインターナショナルスクール東ゼン(略称「TWIST」)は、同学校による3名の組合員講師に対する不当解雇を含めて、組合員を狙って組合を弱体化しようとしたという主張を理由に不当労働行為の救済を申し立てた。

 組合員らは調査開始に対して喜びを見せたが、学校側から届いた大量の証拠資料の中には、これまで耳にしたことのない主張が含まれていたことに驚いた。

Read moreUnion-Busting Case Begins Against Tokyo West Int. School. 東京ウエストインターナショナルスクール、不当労働行為調査が開始