シェーン英会話講師、スト権行使拡大

2019年12月21日、シェーン英会話スクールの今年最後のレッスン日、東ゼン労組シェーン労働組合の組合員たちは、雇用の安定、社会保険への加入、全従業員の賃金3%引き上げ等の要求実現に向け、ストライキを起こした。このストライキは、5年間の労働紛争の歴史の中でも最も大きなストライキとなった。

シェーン英会話スクールにとって土曜日というのは一番忙しい曜日であり、講師の出勤人数も週の中では最大であるため、代わりの講師を手配するのが難しい曜日でもある。

カバー講師も含め計13人もの組合員がスト権を行使した。同ストライキにより、数々のスクールでスケジュールの混乱や授業の休講が発生した。

 同組合および支部は、これまでシェーン英会話スクールと数多くの団体交渉や事務折衝を行ってきたが、要求実現に対する進歩は見られないままであったため今回のストライキを決行した。今回のストライキで新たな組合員も一人加わった。

Shane Teachers Expand Strike

The last day before Winter Solstice (Dec. 21), Shane teachers upped the ante in their fight for job security, pension and health insurance, and a 3% pay hike.

In the wake of membership, growth, teachers at a dozen different schools lay down their chalk Saturday. Reports indicate schedule disruptions and cancelled classes.

Tozen Union and its chapter Shane Workers Union negotiated both on and off the record with the English language school but failed to make progress on demands, which included a union page in the Shane teachers bimonthly newsletter.

Management maintained its hard-line, making nothing more than symbolic gestures at concession.

Union teachers determined they had no choice but to muster their courage and strike both on Dec. 18 and then Dec. 21. The latter marked their largest strike in over five years of dispute.

At least one non-member joined the union just to participate in the strike.

GABA講師のストライキ権獲得 労働委員会

2019年10月23日

東京都労働委員会は今日、英会話スクールのGABAに対し、講師達のストライキ権を認めなければならないと命令を下した。

2016年に、東ゼン労組と同組合の支部であるGABA労働組合は、ストライキを打った講師陣に対し発行された警告書を撤回するよう、救済を申し立てた。

GABAは、1000人以上の講師と業務委託契約を結んでいるが、講師たちは単なるサービス提供者だとし、労働組合法に定められている労働者の権利はないと、主張した 

委員会は、講師たちは労働組合法が適用される条件を満たしているとし、ストライキの妨害行為に対し謝罪するよう、会社側に指示した。

大阪府労働委員会は、以前、組合(大阪にあるゼネラルユニオン、委員長は、デニス・テゾラット)を組織しているGABAの講師たちの団体交渉権を認めている。

これは非組合員も含む、全てのGABA講師たちの勝利です。」GABA労働組合の執行委員長タイラー・クリステンセンはこう述べる。

「私達がずっと言ってきたように、GABAの講師たちは通常の従業員たちと同等の権利を持っている。ということを確かにしました。今ここにて、私たちのストライキの権利は護られました。再び交渉の場に立ち、またこれからもGABAの講師たちのために、労働条件を改善し続けていくことを私たちは前向きに考えています。」

経営側は、もし仮に講師たちに団体交渉権があったとしても、ストライキ権も同時に持つべきではないと主張をした。

団結権、団体交渉権、団体行動権(ストライキを含む)は、労働三権として日本国憲法第28条にその規定が設けられている。 

委員会は、労働三権を分割して適用できるという、GABAが ”作り上げた”主張を却下した。

Gaba Teachers can Strike: Labor Board

Language school Gaba must recognize the right of instructors to strike, the Tokyo Labor Commission ruled today. 

Tozen Union and its local chapter Gaba Workers Union sued the language giant in 2016 to overturn warning letters issued to strikings teachers. 

Gaba has its more than one thousand teachers on private service provider contracts called gyomu itaku. The company argued that since each teacher is just a service provider, they don’t have the rights of workers under Japan’s Trade Union Act. 

The board noted that the teachers effectively qualify as workers for the purpose of that law and that the company must apologize to both unions for interfering in their strike. 

Osaka Labor Commission had previously recognized the right to collective bargaining of a union organizing teachers at Gaba (General Union). 

Management tried to overturn that ruling and argued that even IF teachers have the right to bargaining, they should not also  have the right to strike. 

In Japan, the rights to solidarity, collective bargaining, and collective action (including strikes) are enshrined as a set in Article 28 of the Constitution. 

“This is a victory for all Gaba instructors, including non-union members,” said Gaba Workers Union President Tyler Christensen.       

“It confirms what we’ve always said – Gaba instructors have the same rights as regular employees,” he added. “Now that our right to strike is secure, we look forward to getting back to the bargaining table and continuing to improve working conditions for Gaba instructors.”

The board rejected Gaba’s claim to be able to split the three rights (rodo sanken) as a theory they “just made up.”

Grève à l’Institut Français de Tokyo le samedi 27 février 2016

Devant l’obstination de la direction qui n’a rien voulu entendre, et qui trouve que passer à des contrats de 6 mois en lieu et place des contrats annuels actuels ne consiste pas en une dégradation des conditions de travail – quelle ironie quand on pense que la direction de l’IFJ est constituée en grande partie de fonctionnaires de l’Etat avec sécurité de l’emploi -, les membres du SEI de l’Institut Français de Tokyo ont fait grève aujourd’hui 27 février 2016. C’était une première depuis 25 ans à l’Institut de Tokyo.

Read more

Lessons in Japan’s labor laws from striking NPB baseball stars and English teachers

Eleven years ago, baseball players walked off the field in protest for the first time in the seven-decade professional history of the game in Japan.

Owners wanted to consolidate two of the dozen pro teams, without offering a replacement. Players opposed the merger and were outraged that they had been kept out of the decision-making process. Atsuya Furuta of the Tokyo Yakult Swallows led collective bargaining on behalf of the Japan Professional Baseball Players Association union. Talks broke down and players struck six scheduled games over two days.

Players reached out to their fans with signing and photo events. Most fans sided with the striking players, but a vocal minority accused them of selfishness and having insulted their fans.

It always strikes me as odd how striking workers — rather than stubborn bosses — are often the ones accused of greed. The players did not take the decision to strike lightly; they had agonized over the decision and certainly were not taking their fans for granted. They made impassioned appeals to the fans that a strike was the only way they could save the wonderful spirit of the game.

Read more

改めて考える・・・「労働者にとってのストライキ」〜ストライキにどこか「罪悪感」を感じているすべての人へ〜

今から11年前、日本のプロ野球は、日本プロ野球球団設立以来初めてのストライキを行った。当時最大規模の「球界再編」が行われようとしていたが、その決定のプロセスのなかに「選手」は入っていなかった。自分たちのことなのに、なぜ自分たちが外されているのか…? 我慢ができなかった選手たちは、当時の選手会会長である古田敦也(ふるた あつや)氏を中心に、何回も団体交渉を重ねたものの、交渉は決裂。そしてついに、開催予定だった6つの試合でストライキが決行された。

ストライキは2日に及んだが、この間、選手たちは自主練習をしたり、ファンとのふれあいのイベント(サイン会や写真撮影会)を開催したりしていた。彼らのストライキに対しては、ほとんどのファンがストライキを支持し応援していたものの、なかには「ファンをないがしろにしている」、「自分たちだけよければいいのか」といった非難もあった。選手たちはおそらくこうした声を重く受け止めていたのだろう。彼らは、ストライキが苦渋の果ての決断であったということ、そして、決してファンを軽視するものではなく、むしろファンにとってより楽しいプロ野球にするためにも、ストライキが不可避であるといったことを、一生懸命にアピールしていた。

Read more