組合活動した大学の外国人講師7人雇い止め「ユニオンの排除が目的か」弁護士が批判

東京・豊洲などにキャンパスがある「芝浦工業大学」で英語を教えていたが、3月末に雇い止めになった外国人の元非常勤講師7人が4月7日、厚労省記者クラブで会見を開いた。元講師たちは、カリキュラムの変更を理由に雇用契約が更新されなかったのは無効だとして、雇用の継続を訴えた。

7人は労働組合を結成して、大学側と労働環境の改善に向けた交渉をしていた。7人を支援する弁護士は「ユニオンを排除するためにカリキュラムを変えたのではないか」と語っている。

Read more

看過できぬ、芝浦工業大学の組合つぶし

全国一般東京ゼネラルユニオン(東ゼン労組)は今週木曜、東京都労働委員会に、芝浦工業大学(SIT)による不当労働行為の救済申立てを行った。

東ゼン労組は、SITが組合加盟者全員の解雇(雇い止めを含めて)を来年度に予定している点について、法に反する組合つぶしに相当すると主張している。組合に加盟しているSIT講師は、来年度にとどまらない期間の定めのない雇用を求めて、今年6月から散発的にストライキを実施してきた。

Read more

芝浦工業大学、講師のストは、第2週に入る SIT Teacher Strike Enters Second Week

「私たちは、ストライキの第2週に入りました。学生たちからのご支援と御関心は、本当に心強いです。多くの学生から話しかけられたり、質問をされたり、ホームページを閲覧したり、諦めるなという励ましの言葉もいただきました。学生らのご支援さえあれば、失われそうな職を守るまで闘い続けられると思います。」 全国一般東京ゼネラルユニオン(略称 「東ゼン労組」) 芝浦工業大学教職員組合 執行委員長 アンソニー・ドーラン ”We have moved into our second week striking. The encouragement and interest of the students has been really uplifting. Many students have talked to us, asked us questions, visited our website, and told us not to give up. With the students’ support, we can keep this strike going until our jobs … Read more

芝浦工業大学の講師は労働紛争に入った! ~ Shibaura Institute of Technology Teachers on Strike!

2013年に芝浦工業大学(SIT)の講師は全国一般東京ゼネラルユニオン(東ゼン労組)でSIT支部を結成した。講師の労働条件の改善を目指して、大学に対して団体交渉を開いた。しかし、大学は、突然、「来年度から英語カリキュラムを変更する。来年度は改めて応募せよ。」と一方的に告げました。これはつまり、すべての組合に加盟している講師がクビになることを意味します。 In 2013 Shibaura Institute of Technology (SIT) teachers formed the SIT Local at Zenkoku Ippan Tokyo General Union (Tozen Union). The union started collective bargaining with the university to improve working conditions for the staff. But then suddenly the university announced that they would “change the English curriculum” and that teachers could “reapply for … Read more