Five-Year Rule Seminar

有期労働契約の新たな“5年ルール”とは

〜5年でGood byeってホント?〜

Five-Year Rule Seminar

Does new Labor Contract Law mean five years and out?  Or five years and in?

新しい労働契約法についてのセミナーを開催します!

日 時:2013年7月7日(日)Sunday, July 7, 2013 2pm to 5pm

    午後2時00分〜午後5時00分(途中10分休憩あり)

    ☆参加無料! No entrance fee!

講  師:Instructors: Attn. Shoichi Ibuski (Akatsuki Law Firm)

           指宿 昭一弁護士(暁法律事務所)

                          Hifumi Okunuki (Executive President of Zenkoku Ippan Tokyo General Union/

           Teaches at Sagami Women’s University)

           奥貫 妃文(全国一般東京ゼネラルユニオン執行委員長、相模女子大学専任講師)

     今年から、労働契約法に有期労働契約に関する3つのルールが新たに加わりました。

       This year Labor Contract Law added three new rules for fixed-term employment.

 

 Point1.有期労働契約の期間の定めのない労働契約への転換(いわゆる「5年ルール」の新設)

               Fixed-term contracts switch to permanent employment after 5 years

  Point2.有期労働契約の「雇止め法理」の法定化

             The law codifies rules for refusal to renew fixed-term contracts

  Point3.有期労働契約であることによる不合理な労働条件の差別禁止

               The law prohibits illegitimate discrimination against fixed-term employees

 今回の法改正は、現在、実際に有期で働く人たちにどのようなインパクトを与えるのでしょうか。とくに、大学で有期で働く先生たちは、5年になる前に契約を打ち切られてしまうのではないかという大きな不安を抱いています。また実際に「契約は3年まで」、「更新はしません」といった文言を募集要項に掲載する大学も、ちらほら見られるようになりました。

     What impact will this have on those currently working fixed-term contracts?  Particularly teachers at universities are worried they might be non-renewed before reaching the five-year mark.  Some universities are already putting out want-ads announcing the post is only for three years and will not be renewed.

 しかし、不安ばかりではどうにもなりません。まずは、この法律の趣旨をしっかりと理解したうえで、どのように「安定した雇用」を権利として求めていくべきなのか、そして、具体的にどのような闘い方をすればいいのか、このセミナーでみんなで考え、知恵を出し合っていきましょう。そして、有期労働契約で働く友人、知人のみなさんにも、ぜひ、このセミナーに一緒に参加しようと声をかけてください。

      Anxiety alone will solve nothing.  First let’s find out precisely what the new law says, how we can pursue the right to job security and specifically how to fight.  This seminar will provide a chance to put our heads together and prepare.  Please bring your friends, acquaintances and anyone else who works on fixed-term contracts to this seminar.

 なお、このセミナーでは特に顕著な影響が出ている大学の非常勤講師の問題を多く取り扱う予定ですが、もちろん、有期労働契約はすべての労働者に共通する問題です。すべての業種の人たちにご参加いただければと思っています。

       We will focus in particular on university part-time teachers, who will be particularly impacted by this change, but of course the problem is shared by all workers on such contracts and all are very welcome.

◆ プログラム   Program

  1 有期雇用労働者と労働法〜これまでの法制度と今回の改正について(指宿昭一弁護士)

        Fixed-term employees and labor law.  The law ’till now and the new amendment.  (Attn. Shoichi Ibuski)

  2 質疑応答 Q&A

  3 大学の非常勤講師をめぐるこれまでの労働判決と最近の動向(奥貫妃文)

        Case law and recent trends for part-time instructors at universities. (Tozen President Hifumi Okunuki)

  4 質疑応答 Q&A

                            〜10分休憩〜   10-minute break

   5 会場の実態報告&ディベート 〜今後、法改正に対してどう対処すべきか〜

        Workplace reports from the floor and debate.   What is to be done?

  6 「有期労働契約実態調査」記入のお願い

        Please answer our questionnaire on your fixed-term employment

◆ 場 所 Venue :  Osaka Keizai Hohka Daigaku Tokyo Azabudai Seminar House

                     〒106-0041 Tokyo, Minato-ku, Azabudai 1-11-5, Tokyo Azabudai Seminar House

                               * Take Hibiya Line to Kamiyacho Station, Exit 1.  Then a five-minute walk.

                 (TEL:03-5545-7789 E-mail:capp@keiho-u.ac.jp

 

shares