Five-Year Rule Seminar

Does new Labor Contract Law mean five years and out? Or five years and in?

「5年ルールセミナー」開催します!

Date:日 時 
Sunday, December 1, 2013 2:00pm to 5:00pm
2013年12月1日(日)午後2時00分〜午後5時00分

      No entrance fee! 参加はどなたでも無料です。

Read more

Five-Year Rule Seminar

有期労働契約の新たな“5年ルール”とは 〜5年でGood byeってホント?〜 Five-Year Rule Seminar Does new Labor Contract Law mean five years and out?  Or five years and in? 新しい労働契約法についてのセミナーを開催します! 日 時:2013年7月7日(日)Sunday, July 7, 2013 2pm to 5pm     午後2時00分〜午後5時00分(途中10分休憩あり)     ☆参加無料! No entrance fee! 講  師:Instructors: Attn. Shoichi Ibuski (Akatsuki Law Firm)            指宿 昭一弁護士(暁法律事務所)                           Hifumi Okunuki (Executive President of Zenkoku Ippan Tokyo General Union/            … Read more

5年ルールセミナーパンフレット(日本語)

  有期労働契約の新たな“5年ルール”とは?    〜5年でGood byeってホント?〜       新しい労働契約法についてのセミナーを開催します!   日時:2013年7月7日(日)    午後2時00分〜午後5時00分(途中10分休憩あり) ☆参加無料   講師: 指宿 昭一弁護士(暁法律事務所)     奥貫 妃文(全国一般東京ゼネラルユニオン執行委員長、相模女子大学専任講師)    今年から、労働契約法に有期労働契約に関する3つのルールが新たに加わりました。      ☆Point1.有期労働契約の期間の定めのない労働契約への転換        (いわゆる「5年ルール」の新設)   ☆Point2.有期労働契約の「雇止め法理」の法定化   ☆Point3.有期労働契約であることによる不合理な労働条件の禁止    今回の法改正は、現在、実際に有期で働く人たちにどのようなインパクトを与えるのでしょうか。とくに、大学で有期で働く先生たちは、5年になる前に契約を打ち切られてしまうのではないかという大きな不安を抱いています。また実際に「契約は3年まで」、「更新はしません」といった文言を募集要項に掲載する大学も、ちらほら見られるようになりました。    しかし、不安ばかりではどうにもなりません。まずは、この法律の趣旨をしっかりと理解したうえで、どのように「安定した雇用」を権利として求めていくべきなのか、そして、具体的にどのような闘い方をすればいいのか、このセミナーでみんなで考え、知恵を出し合っていきましょう。そして、有期労働契約で働く友人、知人のみなさんにも、ぜひ、このセミナーに一緒に参加しようと声をかけてください。    なお、このセミナーでは特に顕著な影響が出ている大学の非常勤講師の問題を多く取り扱う予定ですが、もちとん、有期労働契約はすべての労働者に共通する問題です。すべての業種の人たちにご参加いただければと思っています。   ◆プログラム    1 有期雇用労働者と労働法〜これまでの法制度と今回の改正について(指宿昭一弁護士)   2 質疑応答  3 大学の非常勤講師をめぐるこれまでの労働判決と最近の動向(奥貫妃文)    (早稲田大学、大阪大学等)  4 質疑応答                 〜10分休憩〜   5 会場の実態報告&ディベート 〜今後、法改正に対してどう対処すべきか〜  6 「有期労働契約実態調査」記入のお願い  7 おわり      ◆場 所:大阪経済法科大学麻布台セミナーハウス       〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-5東京麻布台セミナーハウス      地下鉄日比谷線神谷町駅出口①から徒歩5分       地図:http://www.keiho-u.ac.jp/research/asia-pacific/access.html

Precedent backs (nearly) equal pay for equal work

In 2012, Japan had 51.73 million workers, of which 33.3 million were regular employees, or seishain, according to the latest survey by the Ministry of Internal Affairs and Communications. Contingent, or nonpermanent, workers (including part-timers, haken dispatch and shokutaku semiregular employees) numbered 18.43 million, over 35.5 percent of the workforce. When I first began studying labor law in graduate school … Read more