給料減額「日本の労働法を無視した暴挙」、 仏政府公式「語学教室」の講師ら提訴

フランス語教室を運営する「アンスティチュ・フランセ日本」(旧・日仏学院)の東京校で、非常勤講師としてはたらくフランス人男性3人が7月2日、不当な給料減額があったとして、元の条件で報酬を受ける雇用契約上の地位にあることの確認を求めて、東京地裁に提訴した。

●ホームページには「フランス政府公式機関」と書かれている

訴状などによると、原告3人はそれぞれ、6年から19年にわたって、時間給の非常勤講師(契約期間・6カ月または1年間)として、アンスティチュ・フランセ日本(旧・東京日仏学院)のフランス語の授業を担当してきた。

2018年2月、アンスティチュ・フランセ日本から、同年4月以降の時給を引き下げたうえで、期間の定めのない労働契約(無期転換)を締結すると申し入れがあった。原告らは、「引き下げに応じられない」と留保したうえで、期間の定めのない雇用契約の締結には応じるとこたえた。

原告らは、同年3月末までに契約期間が満了することになっていたが、それまでと変わりなく勤務をつづけている。こうした状況のとき、「それまでと同一条件でさらに雇用をしたものと推定する」(民法629条)というルールがあるため、今回の提訴に踏み切った。3人ともに今年10月以降、有期雇用から無期転換できる権利が発生することになっているという。

ホームページによると、アンスティチュ・フランセ日本は2012年9月、フランス大使館文化部と東京日仏学院、横浜日仏学院、関西日仏学館、九州日仏学館が統合して誕生した団体だ。東京、横浜、関西、九州の4支部(5都市)を拠点に「フランス政府公式機関」として、フランス語講座のほか、文化・思想・学問を発信している。

●非常勤講師たちの生活が不安定になっている

原告のフランス人男性3人、グザビエさん(45歳・19年勤務)、ピエールさん(29歳・6年勤務)、ジルさん(43歳・15年勤務)はこの日の提訴後、東京・霞が関の厚労省記者クラブで会見を開いた。

グザビエさんは「学校のためにできるだけスケジュールを空けないといけません。スケジュールを空けば空けるほど、(授業を)担当する機会が増えますが、学校以外の働く機会が減っていきます。一方で、毎月どれくらい収入が入るかわからない状況がつづいています」「大変ストレスが多い仕事だと思います」と述べた。

ピエールさんは2017年冬まで週12時間担当していた授業が、現在ゼロ時間になっているという。「メインの収入源でしたが、生活するためになくなった分を補うために別の仕事しています。家賃を払う分しかカバーできていません」と話した。ジルさんも「子どもを学校に通わせるのも難しくなりそうだ」と苦しい状況を訴えた。

原告代理人をつとめる指宿昭一弁護士は「本当の問題点は、労働契約法の『無期転換ルール』(5年ルール)の趣旨に反していることだ。これまで何度も反復契約しているので、いきなり雇い止めしたり、賃金を下げることはできない。日本の労働法を無視した暴挙といってもよい。フランス政府にぜひ考えてもらいたい」と話していた。

原著

TwoThousandOneFour

アップルジャパン店員は組合を結成しました

本日アップルジャパンのリテール従業員は労働組合の結成を経営者に通告しました。労働組合の正式な名称は「全国一般東京ゼネラルユニオンアップルジャパン支部」です。

組合側は要求を出しており、近いうちに会社と団体交渉を行う予定です。

Read more

Chomsky Tells Tozen that Systems of Power Don’t Say Thank You
ノーム・チョムスキーから東ゼンへ:「権力者は、反対する者にはお礼を言わない」

)

Tozen Activists Chat with Activist Noam Chomsky

ノーム・チョムスキーは来日中、東ゼン労組の活動家と話し合いを

Leaders and members of Zenkoku Ippan Tokyo General Union (“Tozen Union”) met Saturday afternoon (March 8, 2014) with Professor Noam Chomsky at Café Lavandería in Shinjuku, Tokyo, at an event hosted by Tokyo Spring.

2014年3月8日、東京スプリングと東ゼン労組によって新宿2丁目のカフェラバンデリアで開催されたイベントに来た。東ゼン労組の活動家が世界的に有名な言語学者又は反体制派のノーム・チョムスキーと話し合うことができた。

The activist and linguist expressed great interest in the activities of both Tozen Union and Tokyo Spring.  “I’d like to know what you guys are doing,” Chomsky said.

チョムスキー教授は東ゼン労組と東京スプリングの活動に関して深い興味を示した。「(私の話よりも)みなさんの活動について聞きたい」とチョムスキーは言った。

Several members of both organizations asked questions and related their experiences in activism and organizing.

集まれた活動家はチョムスキー教授に質問をしたり、自分の活動の経験を話したりした。

Tozen member Matthew Allen discussed the dangers of union leaders becoming a “coordinator class” with unwarranted power.  Chomsky suggested that efforts to eliminate all division of labor have failed.

東ゼン労組のマシュー・アレンは組合のリーダーがコーディネーター・クラス(経営側に該当する)になる危険について話した。チョムスキー教授はすべての分業・役割分担を廃棄するような努力をした組織は、現在に至るまで成功した事例がないと警告した。

Sulejman Brkic, Tokyo Spring activist and member of Tozen Union, MCed the event, while Tozen Union General Secretary Louis Carlet interpreted between Japanese and English.  Tozen President Hifumi Okunuki presented Chomsky with a calligraphy-written haiku (see below).  Brkic gave him the black and red flag of anarcho-communism on behalf of Tokyo Spring.

東京スプリングの活動家および東ゼン労組の組合員を兼ねるスレイマン・ブルキッチはイベントを司会した。東ゼン労組の書記長のルイス・カーレットは日英と英日の通訳をした。東ゼン労組の執行委員長の奥貫妃文は、チョムスキー教授に筆で書いた俳句を贈った(下記を参照)。ブリキッチ氏はチョムスキー教授に手作りのアナルココミュニズムの黒赤の旗を贈った。

Chomsky encouraged Tozen and Tokyo Spring activists to continue their efforts and said “Anything that you are achieving that undermines and threatens systems of power will meet with oppression.  Systems of power don’t say ‘thank you.’  What’s important is not to focus all your efforts on the oppression, but to continue the constructive work.”

チョムスキー教授は東ゼン労組と東京スプリングの活動を励ました。「権力制度を弱体化させる活動をすれば、弾圧されるよ。弾圧をされるのはトウゼンだ。その弾圧にばかり注目をしなくて、価値のある活動を続けるのは第一だ。」とチョムスキー教授は言った。

US State Department Lauds Tozen for Pension Activism

“A Pension Agency enforcement directive continues to make it explicitly easier for employers to avoid paying pension and insurance contributions on behalf of their foreign employees who teach languages as compared with Japanese employees in similar positions. It also does not establish penalties for employers who illegally fail to enroll foreign teachers in the system. Employers may use different contracts for foreigners than for nationals, and courts have generally upheld this distinction as nondiscriminatory.

Read more