給料減額「日本の労働法を無視した暴挙」、 仏政府公式「語学教室」の講師ら提訴

フランス語教室を運営する「アンスティチュ・フランセ日本」(旧・日仏学院)の東京校で、非常勤講師としてはたらくフランス人男性3人が7月2日、不当な給料減額があったとして、元の条件で報酬を受ける雇用契約上の地位にあることの確認を求めて、東京地裁に提訴した。 ●ホームページには「フランス政府公式機関」と書かれている 訴状などによると、原告3人はそれぞれ、6年から19年にわたって、時間給の非常勤講師(契約期間・6カ月または1年間)として、アンスティチュ・フランセ日本(旧・東京日仏学院)のフランス語の授業を担当してきた。 2018年2月、アンスティチュ・フランセ日本から、同年4月以降の時給を引き下げたうえで、期間の定めのない労働契約(無期転換)を締結すると申し入れがあった。原告らは、「引き下げに応じられない」と留保したうえで、期間の定めのない雇用契約の締結には応じるとこたえた。 原告らは、同年3月末までに契約期間が満了することになっていたが、それまでと変わりなく勤務をつづけている。こうした状況のとき、「それまでと同一条件でさらに雇用をしたものと推定する」(民法629条)というルールがあるため、今回の提訴に踏み切った。3人ともに今年10月以降、有期雇用から無期転換できる権利が発生することになっているという。 ホームページによると、アンスティチュ・フランセ日本は2012年9月、フランス大使館文化部と東京日仏学院、横浜日仏学院、関西日仏学館、九州日仏学館が統合して誕生した団体だ。東京、横浜、関西、九州の4支部(5都市)を拠点に「フランス政府公式機関」として、フランス語講座のほか、文化・思想・学問を発信している。 ●非常勤講師たちの生活が不安定になっている 原告のフランス人男性3人、グザビエさん(45歳・19年勤務)、ピエールさん(29歳・6年勤務)、ジルさん(43歳・15年勤務)はこの日の提訴後、東京・霞が関の厚労省記者クラブで会見を開いた。 グザビエさんは「学校のためにできるだけスケジュールを空けないといけません。スケジュールを空けば空けるほど、(授業を)担当する機会が増えますが、学校以外の働く機会が減っていきます。一方で、毎月どれくらい収入が入るかわからない状況がつづいています」「大変ストレスが多い仕事だと思います」と述べた。 ピエールさんは2017年冬まで週12時間担当していた授業が、現在ゼロ時間になっているという。「メインの収入源でしたが、生活するためになくなった分を補うために別の仕事しています。家賃を払う分しかカバーできていません」と話した。ジルさんも「子どもを学校に通わせるのも難しくなりそうだ」と苦しい状況を訴えた。 原告代理人をつとめる指宿昭一弁護士は「本当の問題点は、労働契約法の『無期転換ルール』(5年ルール)の趣旨に反していることだ。これまで何度も反復契約しているので、いきなり雇い止めしたり、賃金を下げることはできない。日本の労働法を無視した暴挙といってもよい。フランス政府にぜひ考えてもらいたい」と話していた。 原著

Tohoku University’s systemic massacre of 3,243 jobs

Exactly 50 years back, the streets of Japan boiled in revolution. The protests against the Narita airport and alleged collusion of then Prime Minister Eisako Sato with the United States in the Vietnam war brought the cities to a halt. Tear gas, water cannons and the occupation of University of Tokyo’s infamous Yasuda auditorium have been etched as … Read more

Shane and Union busting.

Shane Workers Union (SWU) started in 2012.
SWU is currently negotiating for job security, better pay and health insurance (for those who want it).
In 2014, Shane management unfairly dismissed a member of SWU for leaving the workplace during his break time. In solidarity, the members voted and declared a strike after attempts to resolve the matter in collective bargaining failed. Following the first strike action in autumn 2014, two part time members had their work withdrawn and other members reported harassment by management.

Read more

東京学芸大学事件命令書交付について

当委員会は、本日、標記の不当労働行為救済申立事件について、命令書を交付しましたのでお知らせします。命令書の概要は、以下のとおりです(詳細は別紙)。

1 当事者

申立人
全国一般東京ゼネラルユニオン、全国一般東京ゼネラルユニオンTGUISS支部
被申立人
国立大学法人東京学芸大学

2 事件の概要

Read more

Panel bans Tokyo university’s Japanese-only labor talks policy

TOKYO —

A labor panel ordered a Tokyo university Wednesday to not refuse to use English in negotiations with a foreign teachers’ labor union at its affiliated school.

Tokyo Gakugei University had notified the union at Tokyo Gakugei University International Secondary School that it would hold talks only if Japanese is used, said the Tokyo Metropolitan Government Labor Relations Commission.

The panel branded the policy an “unfair” labor practice and ordered the state-run university to correct it.

Read more

Tozen Union Wins Precedent-Setting Negotiating Language Case Against Tokyo Gakugei University

The Tokyo Labor Relations Board on Wednesday ordered Tokyo Gakugei University to “engage in collective bargaining without insisting it be conducted in Japanese or that (the union) bring an interpreter.”

In the first case of its kind, Tozen Union and the TGUISS Teachers Union had sued the school for making negotiations in Japanese a condition of holding collective bargaining.
The university argued that talks should be in Japanese because “this is Japan” and that forcing management to negotiate in a foreign language would be an intolerable burden.

Read more

Pop quiz: Which of these types of government worker has the right to strike — tax inspectors, schoolteachers, firefighters or public health workers? Answer: None of the above, thanks to an Occupation-era law designed to tamp down the influence of communism. | KYODO

The flip side of coveted public-sector jobs in Japan: fewer rights

I research labor law and teach it to university students. In the first class, I break up the two groups of labor laws — those related to individual and collective labor relations — for my students. Individual labor relations law begins and ends with the 1947 Labor Standards Act (rōdō kijun hō); its collective counterpart is surely the 1950 Trade Union Act (rōdō kumiai hō).

About 99.9 percent of my 18-20-year-olds look blank the first time they hear the word “rōdō kumiai,” or labor union. Some of them have arubaito (part-time jobs) and thus already have become rōdōsha (workers) protected by labor laws, but they have not heard of labor unions and have no idea what such a creature looks like. I have my work cut out trying to explain to them the concepts of labor unions, collective bargaining and striking.

Read more