東京ウエストインターナショナルスクールでの抗議

東ゼン労組の新たな支部、TWIST (東京ウエストインターナショナル東ゼン)が2021年3月9日の午後、東京ウエストインターナショナルスクール(以下「TWIS」)前で抗議行動を行いました。八王子にあるTWISの講師たちは、組合員に対する不当解雇に対して抗議をするべく集まった。2021年1月末、組合員たちは膨大な未払い残業代、まとまった休憩時間や休憩場所が確保されていないこと、有給休暇が少ないこと、職場における一般的なサポートや整頓の欠如などの問題に受け、学校側に対し支部結成通知を行った。

初の団体交渉を行った直後の2月19日、TWISは組合員を解雇した。

「私たちは、学校側に要求事項を説明し、素晴らしい団交が行えました。」組合員の一人はこう述べる。
「私たちは経営側に私たちの問題を正直に打ち明け、学校側は私たちに耳を傾けているように思えました。私たちは学校側と共に協力し、労働環境を改善してゆけることを望んでいました。ですが、学校側は私たちが組合を結成したことにより組合員たちを解雇し、私たちは失望しています。組合側は学校に対し解雇撤回に対する締切を3月8日と通知しましたが、学校は解雇撤回を拒否しました。私たちは、この現状を他の人たちにも知ってもらいたいです。有能な講師たちが正当な理由もなく解雇されており、今直面している解雇問題をこれから先も同じことが起こらないよう防ぎたいです。」

TWISTの組合員たちはストライキと抗議活動を行い、TWISが組合に対して何をしているのか、どうして組合が抗議をしているのかを説明するべくビラ配りを行った。ビラには東ゼン労組のウェブサイトのリンク(tokyogeneralunion.org)とTwitterページが書かれている。抗議行動の最中、TWISTの執行委員長であるテイラー・ヒーリーが拡声器を使いこう述べた。
「TWISは、組合員に対して非道徳的で不当な行為をしました。TWISの管理者たちは組合潰しをしようとしています。このような不当な行為はやめさせなければなりません。組合員たちを復職させてください。私たち講師を救いましょう!」
抗議活動の前や最中、経営側は組合員たちに対しストライキとビラ配りを中止するように言い、生徒たちを組合員から遠ざけた。

組合員たちは多くの保護者、非組合員の従業員、生徒たちから協力的な反応や言葉を貰った。TWIST支部は、組合員講師たちに対する不正を世に伝えられたことや多くの励みのメッセージを受け感銘を受けているが、組合員たちはこの問題は長期戦になることを予測している。

抗議活動後、TWISは保護者に対し、「学校は何事にも誠実に対応をしており、今後も諸々な課題に関して真摯に向き合い、解決していく所存です。」というメールを送った。
TWISは現在においても、組合からの団体交渉申し入れを先延ばししており、要求事項に対する文書での回答すら付与していない。抗議の翌日、TWISの経営側は全従業員に対しメールを送ったが、その内容は明らかに抗議活動に参加していない従業員に向けたものであった。そのメールは、講師たちに感謝の意を込めてタピオカティーを無料で配るというものであった。
東京ウエストインターナショナルスクールは、職を失い路頭に迷う講師たちの問題を、タピオカティーで解決できると思っているのだろうか。
組合側は、東京ウエストインターナショナルスクールに対し、今すぐ組合員たちの解雇を撤回し、組合と交渉することを求めている。

TWIST支部の要求事項や詳細はこちら:https://tokyogeneralunion.org/twist/

shares