Grève à l’Institut Français de Tokyo le samedi 27 février 2016

Devant l’obstination de la direction qui n’a rien voulu entendre, et qui trouve que passer à des contrats de 6 mois en lieu et place des contrats annuels actuels ne consiste pas en une dégradation des conditions de travail – quelle ironie quand on pense que la direction de l’IFJ est constituée en grande partie de fonctionnaires de l’Etat avec sécurité de l’emploi -, les membres du SEI de l’Institut Français de Tokyo ont fait grève aujourd’hui 27 février 2016. C’était une première depuis 25 ans à l’Institut de Tokyo.

Read more

Lessons in Japan’s labor laws from striking NPB baseball stars and English teachers

Eleven years ago, baseball players walked off the field in protest for the first time in the seven-decade professional history of the game in Japan.

Owners wanted to consolidate two of the dozen pro teams, without offering a replacement. Players opposed the merger and were outraged that they had been kept out of the decision-making process. Atsuya Furuta of the Tokyo Yakult Swallows led collective bargaining on behalf of the Japan Professional Baseball Players Association union. Talks broke down and players struck six scheduled games over two days.

Players reached out to their fans with signing and photo events. Most fans sided with the striking players, but a vocal minority accused them of selfishness and having insulted their fans.

It always strikes me as odd how striking workers — rather than stubborn bosses — are often the ones accused of greed. The players did not take the decision to strike lightly; they had agonized over the decision and certainly were not taking their fans for granted. They made impassioned appeals to the fans that a strike was the only way they could save the wonderful spirit of the game.

Read more

改めて考える・・・「労働者にとってのストライキ」〜ストライキにどこか「罪悪感」を感じているすべての人へ〜

今から11年前、日本のプロ野球は、日本プロ野球球団設立以来初めてのストライキを行った。当時最大規模の「球界再編」が行われようとしていたが、その決定のプロセスのなかに「選手」は入っていなかった。自分たちのことなのに、なぜ自分たちが外されているのか…? 我慢ができなかった選手たちは、当時の選手会会長である古田敦也(ふるた あつや)氏を中心に、何回も団体交渉を重ねたものの、交渉は決裂。そしてついに、開催予定だった6つの試合でストライキが決行された。

ストライキは2日に及んだが、この間、選手たちは自主練習をしたり、ファンとのふれあいのイベント(サイン会や写真撮影会)を開催したりしていた。彼らのストライキに対しては、ほとんどのファンがストライキを支持し応援していたものの、なかには「ファンをないがしろにしている」、「自分たちだけよければいいのか」といった非難もあった。選手たちはおそらくこうした声を重く受け止めていたのだろう。彼らは、ストライキが苦渋の果ての決断であったということ、そして、決してファンを軽視するものではなく、むしろファンにとってより楽しいプロ野球にするためにも、ストライキが不可避であるといったことを、一生懸命にアピールしていた。

Read more

Has striking in Japan become extinct?

“Strike.”

Dear reader, what do you think when you hear this word? What impression do you get? Do you see the blood, sweat and tears? Do you see an angry, vicious mob disturbing our civil society? I bet a majority of Japanese people under the age of 40 have neither a positive nor negative impression of strikes. They have no impression at all and no idea about what a strike is because strikes have become rarer in modern Japanese society. This, however, hasn’t always been the case.

Read more

看過できぬ、芝浦工業大学の組合つぶし

全国一般東京ゼネラルユニオン(東ゼン労組)は今週木曜、東京都労働委員会に、芝浦工業大学(SIT)による不当労働行為の救済申立てを行った。

東ゼン労組は、SITが組合加盟者全員の解雇(雇い止めを含めて)を来年度に予定している点について、法に反する組合つぶしに相当すると主張している。組合に加盟しているSIT講師は、来年度にとどまらない期間の定めのない雇用を求めて、今年6月から散発的にストライキを実施してきた。

Read more